9月限定コース

『初秋の献立 12,000円』


・雲丹と焼き茄子の水晶寄せ

秋茄子と雲丹の出汁ゼリー寄せ。まだまだ残暑厳しい9月は涼しげな一品でスタートです。


・石川小芋と茸の菊花椀

お椀ものは秋の食材盛りだくさんで。


・旬のおつくり

戻りの鰹や本マグロ。旬のお造り。


・穴子とフォアグラ、トリュフソース

柔らかく煮た穴子は炙って香ばしく。フォアグラの甘い脂とトリュフの香り。相性は抜群です。


・神戸牛土鍋シチュー

神戸牛スネ肉を赤ワインで長時間煮込んだ赤味噌仕立てのビーフシチュー。

お一人様用の土鍋で熱々ビーフシチュー。


・新物いくらご飯

新物イクラはこの時期だけの御馳走食材です。


通常のコース

(4,200円、6,300円、8,400円、10,000円、15,000円)も御座います。



季節のデザート(900円)



# by kusumoto-yasuko | 2017-08-27 19:23
7月のおすすめ

『夏の献立 12,000円』


・イワシとトマト、モロヘイヤの冷製パスタ

山口県の鰯の魚醤『瀬戸内コラトゥーラ』とキャビア状のアンチョビを味のベースに

夏野菜たっぷりの冷製パスタで。


・トウモロコシのすり流しと鴨

滑らかなトウモロコシのすり流しと鴨のコンフィ。


・尾崎牛たたき

尾崎牛モモ肉の旨みを引き出す低温調理したお刺身スタイルで。


・肉厚鰻の炭火焼

夏と言えばの鰻は定番の炭火焼!!


・秋田じゅんさいと雲丹

ツルんとした喉越しも爽やかな秋田県産じゅんさいを甘い雲丹とポン酢でサッパリと。


・鱧(ハモ)と夏野菜の冷製炊き合わせ

鱧出汁を吸った賀茂茄子と冬瓜、梅肉を利かせた鱧の炊き合わせ。


・神戸牛スネ肉の雑炊

締めのご飯は神戸牛スネ肉スープの熱々のお雑炊。夏らしくピリ辛仕立てで。


通常のコース

(4,200円、6,300円、8,400円、10,000円、15,000円)も御座います。


*肉厚鰻の炭火焼、通常コースに追加も可能です。2,500円


季節のデザート(900円)



# by kusumoto-yasuko | 2017-07-18 21:36
5月限定コース

『新緑の献立』

12,000円


『抹茶冷やしとろろ汁』

雲丹、汲上げ湯葉、とろろを青竹の器に盛り、抹茶を流し込んだ前菜。

青竹、抹茶の緑が新緑の季節にふさわしいスタートの一皿。


『クレオパトラのスープ』

昆布茶と蛤出汁でモロヘイヤをすり流しに。

クレオパトラも愛したモロヘイヤスープ。美と健康に大切な栄養素満点です。


『旬のお造り』

鰹やスズキなど旬のおつくり


『サザエバター醤油焼き』

旬のサザエは食欲そそるバター醤油焼きで。

食感を残しながら柔らかく焼きあげ、殻に戻して盛りつけます。


『尾崎牛しゃぶしゃぶと山菜』

尾崎牛と山菜をしゃぶしゃぶ仕立てのあんかけで。

和牛の甘味と山菜の苦味は初夏の味。


『筍ごはんと味噌汁、漬物』

以上、6品の限定コース料理となります。

ご予約をお待ちしております。


デザートとコーヒーまたは緑茶のセット(900円)

通常のコース(4,200円、6,300円、8,400円、10,000円、15,000円)も御座います。



# by kusumoto-yasuko | 2017-04-28 12:45
4月限定コース

『春風の献立』

12,000円


桜の季節の一品目は

桜香る胡麻豆腐に白アスパラガスの餡(あん)と雲丹を添えて。


3月も好評でした『光琳金箔竹皮盛り』。

お花見仕立ての春爛漫の盛り合わせ。


魚のすり身を桜で色付けした『桜真蒸(しんじょう)』には

小豆を忍ばせ春らしいお椀もの。


春に旬を迎える鮮魚のお造り


桜鯛の桜焼きと尾崎牛の桜燻しの盛り合わせ。

見た目も香りも桜満開の一皿です。


旬の桜えびを贅沢に使った桜海老ご飯。

エビの風味が口いっぱいに広がります。


以上6品の出立の4月を応援する限定コースです。




デザートとコーヒーまたは緑茶のセット(900円)

通常のコース(4,200円、6,300円、8,400円、10,000円、15,000円)も御座います。



# by kusumoto-yasuko | 2017-04-03 15:32
3月限定コース

3月特別コースのご案内です


『春めく献立』

12,000円


尾形光琳が花見をしたとき、竹の皮の弁当をあけると、

内側に金箔が施されていたというエピソードがあります。この伝承にちなみ、

春の小料理を少しずつ華やかに盛り合わせた『光琳金箔竹皮盛り』


新玉葱とホッキ貝の出汁で作る優しく深みのある味わいのすり流しには

北海道で日本一のチーズ職人、竹島さんが作る水牛モッツァレラを椀種に。


産卵期を迎える3月。ちょうど春の訪れと共に開花する桜の花びらを模した

可愛らしい斑点模様があしらわれた美しい真鯛のことを『桜鯛』と呼びます。

脂がのった旬の桜鯛のおつくり。


鰆や金目鯛。その日市場で仕入れる旬の鮮魚を蒸したり焼いたり。

竹島さんの水牛モッツァレラのホエー(乳清)で作る栄養価たっぷりの特製ソースで。


尾崎牛は春野菜と一緒にスキ煮で。

春キャベツの甘さや走りの山菜のほろ苦さ。極上和牛『尾崎牛』の旨みでまとめます。


お揚げと九条葱たっぷりの餡をかけた『狸飯』。

〆のお食事は優しい味わい。



デザートとコーヒーまたは緑茶のセット(900円)

通常のコース(4,200円、6,300円、8,400円、10,000円、15,000円)も御座います。


# by kusumoto-yasuko | 2017-03-20 23:03



くすもとのお知らせです
by kusumoto-yasuko