<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
くすもと 3月のオススメ料理
食と言えば秋ですが
なかなかどうして。
春こそが食材のバランスも良く最も好きな季節。
そんな春のオススメ料理のご案内です。


春の特別メニュー
鰆、桜鯛、春子鯛、筍、山菜、貝などなど・・・。
絞りきれません・・・。
と、いうことで。
春の食材を春らしい調理で
春の特別な献立をご用意いたします。
春色満開でお待ちしております。

春の特別メニュー  ¥5,500


和牛と山菜、湯葉の鼈甲餡かけ
春!!
とは言っても肌寒い夜も。
そんな夜に温物も。
和牛をお出汁でしゃぶしゃぶにして
山菜、湯葉と合わせて鰹出汁の鼈甲餡をかけます。
仕上げに本山葵をピリッと効かせて。
オススメです。

和牛と山菜、湯葉の鼈甲餡  ¥2,500
by kusumoto-yasuko | 2011-02-28 13:10
楠本勝三の料理と吉川忠英さんのギター演奏を楽しむ”春の宴”のお知らせ
楠本シェフの料理を楽しんでいただきながら
アコース ティックギターの第一人者,あの吉川忠英さんの演奏に酔いしれてください。

3月7日(月)18:30~
参加費 1万円(ウェルカムドリンクと食事代込み)


吉川忠英さんのプロフィール

1971年 伝説のフォークグループ”THE NEW FRONTIERS”のメンバーとして渡米し,”EAST”と改名後全米デビューを果たす。帰国後シンガーソングライターとしてアルバムデビューし,同時にスタジオ・ミュージシャン,アレンジャー・プロデユーサーとしての活動を開始。アコースティックギターの第一人者として,中島みゆき・松任谷由美・福山雅治・夏川りみ・加山雄三・Chageなど,ニューミュージック系のアーティストを中心に数多くのレコーディングやコンサートに参加。(中略)毎年,北海道から沖縄まで,全国ソロライブツアーも精力的に行っている。

(問い合わせ&申込先)
  Tel :03-6447-2427 Fax:03-6447-2428 E-mail:miki@os-miki.jp   
by kusumoto-yasuko | 2011-02-21 12:53
♪ くすもと わくわく出逢いの企画 Vol.5 ♪
”出版業界裏話“(元編集長の独り言?)

スピーカー 名田屋昭二さん

国内外で激しく変わる「時代」と渡り合ってきた,名田屋さんのマスメディアの世界の体験トークにご期待ください

平成23年2月25日(金)
西麻 くすもとB1 18時30分~
会費 5,000円(食事代込み)
名田屋さん(主な)プロフィール           
 1959年 早稲田大学政経学部卒
講談社入社
 1969年 「週刊現代」編集長          
 1973年 「月刊現代」編集長
       1977年 国際室長
1983年 「Pent House」創刊 編集長
1985年 「Days Japan」編集兼発行人
1990年 新事業開発室長 雑誌「遊勉」編集長
 2005年 講談社 退社

申込み&問合せ先 くすもとTel 03-6447-2427
 fax 03-6447-2428 E-mail miki@os-miki.jp
by kusumoto-yasuko | 2011-02-10 00:16
2月のオススメ料理
節分にバレンタインデー。
福は内、愛情いっぱいでお待ちしております。

鯛しゃぶ
1月の鰤しゃぶ。
おかげさまでの大好評!!
2月は鯛しゃぶ。
産地にはこだわらず旨い鯛をご用意いたします。
お刺身より少し厚めに切った鯛を鯛のお出汁に
さっと白くなる程度にくぐらせ
自家製柚子胡椒やポン酢でお召し上がり下さいませ。
野趣溢れる鰤とはまた違った上品な旨味。
〆のお雑炊までオススメです。

鯛しゃぶ  2500円(お一人様)

春子鯛の棒寿司
暦の上では立春。
春子鯛(かすごたい)は小さい鯛。
ふわふわの優しい身が上品で私好み。
塩と酢で〆て海老のおぼろと一緒に棒寿司に。
酢〆の酸味とおぼろの甘みがあいまって
優しい風味のお寿司です。
春子鯛。名前が良い。
季節は魚が教えてくれます。
まだまだ寒い日が続きますが『もうすぐ春ですね』と。
春待ち、春子鯛。いかがでしょうか?

春子鯛の棒寿司  800円(お一人様)
by kusumoto-yasuko | 2011-02-01 12:41



くすもとのお知らせです
by kusumoto-yasuko
リンク